鹿児島ベスト電器がエディオンに変わったけれど、値引きはどんな感じ?

チラシ

鹿児島ベスト電器で値引きしてもらった時の記憶と、エディオンに変わってから値引きしてもらった時の様子を元に、今回は「電気屋さんで値引きしてもらうコツ」について記事を書いていきたいと思います。

 

■ノートパソコンを購入したときのこと

まずは鹿児島ベスト電器時代なのですが、2010年頃にノートパソコンを7万円前後で購入しました。

当時の私は、今ほど神経が図太く無かったですし「広告の品では値引きしてもらうのは難しい」と勝手に思い込んでいましたので、3000円程値引きしてもらえたことをとても喜んでいました。

そして、2016年になってエディオンで妹のノートパソコンを買った時なのですが――思いっきり、それはもう思いっきり値引きしてもらいました。

3000円?

まさか。もっともっと値引きをしてもらえましたよ?(鹿児島ベスト電器時代の私は、かなり世間知らずの甘ちゃんだったようです)

 

■数千円~数万円値引きしてもらうコツとは?

でも大前提として、電気屋さんでそれなりの金額(5万円以上)の商品を買う時に、値引きしてもらうコツを知っていますか?

一番シンプルで基本になっているのは“相見積もり”を取ることです。

鹿児島の大手の電気屋さんにはエディオンだけでなく、ヤマダ電機、ケーズデンキなどがあります。相見積もりを取るだけで、品物や商品価格にもよりますが数千円~数万円値引きしてくれることが多いです。

 

チラシ

 

なお、発表直後の新製品よりも型落ち商品、新品未開封よりも展示品や最後の1品の方が値引きしてくれます。

私の妹のパソコンを買った時の例ですが……Windows10がリリースされましたよね? 2016年の7月までは、Windows8.1搭載のパソコンを購入して自分でアップグレードできたので、Windows8.1搭載の展示品のパソコンはかなり安く購入できました。

あとは店員さんも人間です。高圧的に値切りをお願いするのではなく、笑顔で話をするだけで、ちょこっとおまけをしてくれる気がします。

その他には、“ついで買い”も効果的です。パソコンを買うなら外付けHDも一緒に買うとか、エアコンを買うならサーキュレーターも買うとか、欲しい物が有ったら一緒に購入すると追加値引きやおまけをしてくれることが多いようです。

 

■家電量販店で値引き交渉するポイントは?

こうして記事にするために考えてみると、鹿児島ベスト電器時代もエディオンに変わってからも、値引きしてもらうポイントは同じだなと思いました。

・2人以上で買いに行く
・相見積もりを取る
・笑顔で話をする
・端数切り捨てをお願いする
・それなりの金額の商品を購入する
・欲しい物が有ったら一緒に購入する

etc……。

値引きをお願いする時には、ちょこっと頭のすみに入れておいてもらえると、お得になるかもしれません。

 

■まとめ~値引き交渉は楽しい範囲でやろう!

最後にまとめです。あまりしつこく食い下がっても、限度というものがあります。その場の空気と店員さんの顔色を見ながら、楽しく値引き交渉をしてみて下さい。