エディオンでエアコンを今年の夏に2台買った体験記~値引きは強気にいきましょう♪

エアコン

2016年8月に、エディオンでエアコンを2台買いました。

それまで我が家で使っていたエアコンは、15年くらい前に鹿児島ベスト電器で買った「お財布と環境に優しくない長寿エアコン」だったのですが……ある日の朝、急に電源が入らなくなってしまったのです。

まぁ、電化製品はいつか壊れるもの。しかし「タイミングが悪い」とは、こういう時のことを言うのだとひしひしと感じました。1週間後がお盆で、親戚が家に集まる予定が入っていたのです。

夏場の鹿児島でエアコン無しでは、あまりにも過酷な状況になるのが予測されます。事実、今年の夏は、室内の最高気温が35度近くなる日もありました。

■エアコン、どこで買おう?

 

エアコン

 

そういうことで、急いで電気屋さん巡りを計画します。巡るのはエディオン、ヤマダ電機、ケーズデンキの3店舗。

目標は木造16畳用のエアコンと8畳用のエアコンを2つ合わせて25万円以内(工事費込み)に収めること。

下準備として、折り込みチラシで価格を比較します。

広告の品で一番安かったのはヤマダ電機。エディオンは2番目です。でも、小さく“価格はご相談ください”と書いてあります。これはもう、頑張って値引き交渉するしか無いでしょう。

 

■ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオンの見積もりは?

一番安いヤマダ電機で「本体価格、工事費、消費税、エアコン処分料すべて込みで31万円」という簡単な見積もりを出してもらい、そこから値引きしてもらって27万3000円。

即決ならもう少し下げてくれる感じでしたが、ちょっと予算を超えてしまいます。

次にケーズデンキで「本体価格、工事費、消費税、エアコン処分料すべて込みで31万5000円」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって25万円。

ケーズデンキの売り場担当者の方は、こっちの予算に合わせてくれました。

また来ますね、と言ってから最後にエディオンで「本体価格、工事費、消費税、エアコン処分料すべて込みで31万円」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって25万円。

さぁ、ここから本当の意味での値引き交渉開始です。

値引きのコツは別に書いている記事を参照してもらえると嬉しいのですが、結果としては「エアコン2台+サーキュレーター1台(5000円相当)で24万6000円」に負けてくれました。

 

■エアコンの購入は余裕を持って検討を!

――ですが、最後に1つ大きな問題が。

他のお店でも同じことを言われていたので、一応、覚悟をしていたのですが……悲しいことにエアコンの取り付けが購入日の10日後以降になるということ。

当然、親戚が集まるお盆には到底間に合いません。追加料金を払っても、エアコン取り付け工事を早めることは難しいとのことでした。

こんな感じで、「エアコンの購入は余裕を持って検討しないといけない」という事実を、親戚と一緒に身をもって体験することになりました。

でも、大幅値引きとおまけは美味しかったのも事実です。

エアコンの購入を検討する時には、ぜひエディオンのエアコンコーナーも覗いてみて下さい。ここだけの話、きっとお安くなりますよ?