鹿児島ベスト電器がエディオンに変わった理由~2013年に何があったの?

エディオン鹿児島本店

鹿児島ベスト電器がエディオンに変わった理由、それは簡単に言うと“時代の流れ”です。――はい、50文字以内で終わってしまいました。でも、これじゃ少し説明不足ですし、もう少し具体的に説明があっても良いと思いますよね……。これからきちんと書いていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

■鹿児島ベスト電器の運営会社「株式会社カコイエレクトロ」

それでは早速ですが、本題に入りたいと思います。

鹿児島ベスト電器がエディオンに変わった理由を説明する際に、運営会社である「株式会社カコイエレクトロ」という会社を避けては通れません。

株式会社カコイエレクトロは1970年に設立され、鹿児島ベスト電器を運営していた会社であり、2013年10月15日までベスト電器(鹿児島ベスト電器とは別の会社で、いわゆる“フランチャイズ本部”です)とフランチャイズ契約をしていました。

 

エディオン鹿児島南店

 

しかし、2012年に「フランチャイズ本部のベスト電器がヤマダ電機の子会社になったこと」によって、株式会社カコイエレクトロとベスト電器の間には、「大きな運営方針の差」が生まれてしまいました。

これにより「地域密着を運営方針にしている株式会社カコイエレクトロ」は、べスト電器とのフランチャイズを解消し、同じく地域密着を運営方針にしているエディオンのフランチャイズに加盟することになります。

 

エディオン鹿児島本店

 

■ヤマダ電機と鹿児島ベスト電器の違いとは?

ここからは、幼い頃から鹿児島ベスト電器とエディオンを利用していた私個人の感想になりますが――大規模店であるヤマダ電機と鹿児島ベスト電器は、元々(2012年以前から)タイプが違いました。

小規模店が多いベスト電器に対して、ヤマダ電機は大規模店のみが存在する、といった企業イメージです。

価格的にはどちらが高いとか安いといったイメージを私は持っていませんでしたが、「近所にあるのはベスト電器」という認識は間違いなく持っていました。

そして、それは鹿児島ベスト電器がエディオンに変わってからも同じです。

事実、エディオンの大型店は鹿児島市内に2店舗だけで、他は地域密着の小型店舗が多く運営されています。

大人になった今では、地域密着の小型店の売りは「サービス力」であり、大型店の売りは「価格訴求力」だと私は考えていますが――エディオンは大型店舗を持つことで、それなりの価格訴求力を維持&集客をしつつ、地域密着店でアフターサービスを受け持つというバランスの良さが感じられます。(それは今考えると、鹿児島ベスト電器時代から変わっていないと思います)

 

■まとめ~鹿児島ベスト電器がエディオンに変わった理由

まとめです。鹿児島ベスト電器がエディオンに変わった理由は「運営会社が、ベスト電器とのフランチャイズを解消して、新しくエディオンのフランチャイズに加盟することになったから」です。

人生のテストに出ることは無いかもしれませんが……頭の端っこで覚えておきましょう♪

■家電を輸送するなら

さて、ここでちょっとした豆知識です。テレビ、洗濯機、冷蔵庫などの家電を宅急便で送りたいということはありませんか。一人暮らししていて邪魔だから実家に送りたい。ネットオークションで購入した。友だちに家電をあげる。などなど。

こうした場合、ヤマトのらくらく家財宅急便という輸送サービスが便利です。
【参考ページ】ヤマトのらくらく家財宅急便。 http://www.e-ijyu.jp/

こちらを利用すれば、テレビや冷蔵庫はもちろん、ベッドや本棚などの家具でもOK。ほぼ全国へ輸送できますので、鹿児島から東京へというのも可能。

ただ、意外と料金は高いので、らくらく家財宅急便を使うより、引越し業者にお願いした方がいいということも参考ページには書かれているので、自分の荷物内容に合わせて検討してみてください。

鹿児島ベスト電器の閉店と思い出~正直、閉店セールって燃えますよね?

跡地

鹿児島ベスト電器が閉店したのは3年前の2013年9月です。

その後、エディオンへと鹿児島ベスト電器は社名変更するのですが、幼い頃から身近だった電気屋さんが無くなることに、少なくない衝撃を受けたのを覚えています。

 

■鹿児島ベスト電器の閉店セールはどうだった?

――とはいえ、人間は現金な生き物。今となってはあまり詳しく覚えていませんが、私も気持ちをすぐに切り替えて、「閉店セールでは何を買おうかな?」とワクワクしながら広告チェックをしていたことと思います。

事実、私が鹿児島ベスト電器の閉店セール(鹿児島ベスト電器本店・鹿児島市加治屋町)でゲットしてきたものは、「パソコンのキーボード&マウスセット」「パソコン液晶モニター19インチ」「名刺印刷キット」だったと記憶していますし、液晶モニターは今でも現役で使用しています。

今考えると、鹿児島ベスト電器は閉店するとは言っても「運営会社は変わない&エディオンに社名変更するだけ」なので、鹿児島ベスト電器の商品は原則エディオンに引き継がれていたはずです(フランチャイズの契約があるので、もしかしたら完全に売り切らないといけなかったのかもしれませんが、そこは深く考えないことにします)。

しかし、閉店セールは気合の入った様子で30~60%オフは当たり前でした。液晶モニターはそれなりのお値段がしましたが、キーボードや名刺印刷キットはかなりお得に買えた記憶があります。

また、閉店セールにはたくさんの人が来て賑わっていましたが、慣れ親しんだ地元のお店が無くなるということで、どこか寂しげでもあったのは……多分、私の記憶違いではないと思います。

 

■早馬の鹿児島ベスト電器跡地に行ってみた!

余談ですが、今回の記事を書くにあたり、鹿児島市早馬にある“鹿児島ベスト電器の跡地”へ行ってみました。

 

吉野中央店

 

いつまで営業していたのか記憶が曖昧で覚えていませんが、鹿児島ベスト電器が閉店してから、リフォームをして綺麗になった状態で今も建物は残っています。(写真の建物です。もしかしたら2013年よりも前に閉店になっていたかもしれません)

思い返せば、特売品の扇風機を夏に買いに行ったり、学校の部室用に150メートルあるLANケーブルが売っていないか確認したり、倉庫に約20年眠っていたファミコン用のACアダプターをどうにかして3つ手に入らないか相談したりと、思い出せば色々な接点が出てきます。(……後半2つは、ちょっとやり過ぎだったなと思います。当時の店員さん、本当にすみませんでした)

ここのお店は1階と2階に分かれているそれなりの広さがある店舗でしたので、広告の品とかも取り扱ってくれていて、特売日には競争の少ない狙い目店でもありました。

 

■まとめ~鹿児島ベスト電器は閉店したけど……

最後にまとめです。鹿児島ベスト電器は閉店しましたが、エディオンになって営業を続けています。

 

跡地

 

鹿児島市加治屋町にあるエディオン鹿児島本店や、鹿児島市宇宿にあるエディオン鹿児島南店、そして地域密着の小規模店も同じです。店員さんも親切で値引きなどにも結構対応してくれますし、機会がありましたら覗いてみて下さい。

鹿児島ベスト電器がエディオンに変わったけれど、お店の雰囲気はどんな感じ?

3_エディオン鹿児島南店

鹿児島ベスト電器がエディオンに変わって、雰囲気は変わったのか?

答えはYESでありNOでもあります。なぜなら運営会社は“株式会社カコイエレクトロ”のままで変わっていないからです。

そうなのです。「店舗の場所も、売っている商品も、経営方針も変わっていないので、鹿児島ベスト電器もエディオンも雰囲気としてはあまり変わっていない」というのが正直なところ。

 

3_エディオン鹿児島南店

 

では、なぜYESと書いたかといいますと――鹿児島ベスト電器時代に比べて、新しくなったエディオンでは、店員さんがよく話しかけてくるようになった気がするからです。

以前はもっと、良くも悪くもお客さんを放置してくれる雰囲気だったのですが、今はそれなりの商品(パソコンやエアコンなど)を見ていると、すぐに店員さんが近くに来ます。

買う気がある時や説明して欲しい時には大歓迎ですが、冷やかしの時にはちょっと申し訳ない感じがする……というのが正直な気持ちです。

丁寧に説明してくれるので、悪いことではないのですけれど、何となく気が引けます。

そういうことを踏まえた上で、具体的な店舗の雰囲気を紹介したいと思います。

 

■エディオン鹿児島3店舗の中、雰囲気がいいのは……

今回の記事を書くにあたり、雰囲気を改めて確認するために3店舗を回ったのですが、お店の規模や雰囲気という意味ではエディオン鹿児島南店(スクウェアモール2F)が一番おススメだなと個人的には感じました。

店内の明るさや広さ、商品数、店員さんの接客、適度な距離感、お客さんの数etc……私の好みにガッチリ一致です。

一方で、加治屋町にあるエディオン鹿児島本店は駐車場がやや狭く、店内の商品も郊外型の電気店に慣れている身としてはちょっと少ないかなと感じてしまいました。

その反面、品揃えは厳選されている感じです(選ぶ楽しみという意味では、エディオン鹿児島南店を押します)。

あと、加治屋町のエディオン鹿児島本店はビルの形状的に細長い店内になっていますので、店員さんとの距離感がとても近い気がしました。

店員さんと積極的に話したい時には、エディオン鹿児島本店は良いかもしれないです。

地域密着タイプの吉野中央店は、とても丁寧に接客してもらいました。流石、地域密着を売りにしているエディオンです。ここなら、安心してアフターサービスをお願い出来そうです。

ちなみに私は、電気屋さんで店員さんに話しかけられても、正直に「いつ買うかは未定なので、今日は冷やかしです♪」と笑顔で言えるタイプです。そのため店員さんが寄って来ても、すぐに解放されます。でも、もしもこの記事を電気屋さんの人が見ているのなら――1つだけアドバイスというか、お願いがあります。冷やかし客だからと言って、冷たい態度はダメですよ?

私のような冷やかし客でも、店員さんの対応やお店の雰囲気はしっかりと見ています。

いざ電化製品を買おうとした時、いくつかのお店の候補があるのなら“冷やかし客が顧客に変わる”のは、どういうお店でしょうか? 価格が一緒なら? 保証期間が一緒なら? 接客態度が違うなら?

これ以上は、言わなくても分かって頂けるかなと思います。

私は、某全国チェーンの“カメラ”が店名に入っているお店の鹿児島店で、店員さん(多分、アルバイト)に見下されるような態度を取られて以来、そのお店には一切行かなくなりました。もちろん、今後も行くことは絶対に無いでしょう。

 

■まとめ~鹿児島ベスト電器はエディオンに変わって雰囲気はどうなった?

まとめです。鹿児島ベスト電器はエディオンに変わりましたが、雰囲気は良い意味で変わっていません。
元々の地域密着を売りにしている運営方針が変わらないからだと思います。店員さんは話しかけてきますが、その分だけ接客も丁寧ですし、値引きを口にしても嫌な顔はしないでくれます。

私の個人的な見解では、鹿児島南店が特におススメです♪

 

3_エディオン鹿児島南店

鹿児島ベスト電器がエディオンに変わったけれど、接客はどんな感じ?

エディオン

今回の記事では、「鹿児島ベスト電器がエディオンに変わって、どのように接客が変わったのか? 現状の接客はどんな感じか?」ということを書いていきたいと思います。

■鹿児島ベスト電器時代と今のエディオンの接客を比較すると……

まず、鹿児島ベスト電器時代と今のエディオンの接客を比較すると……大型店では変わらずに「とても丁寧に接してくれる」という印象が強いです。

入社したばかりで不慣れなのか、たまに外れの人もいますが……若い店員さんも年配の店員さんも丁寧に対応してくれる気がしますので、値引きをお願いする時などには交渉しやすいと思います。

事実、今回の記事を書くにあたって鹿児島本店と鹿児島南店と吉野中央店にスチームオーブンの話を聞きに行ったのですが、皆さんとても丁寧に説明してくれました。それはもう、買う気の無かったスチームオーブンが欲しくなるくらいに……。

その一方で、私が「んんっ!?」と疑問に感じたのが、地域密着タイプのエディオンの店舗です。

私の近所には2店舗の地域密着タイプのエディオンが有ったのですが、そのうちの1つは潰れてしまいました。

でも、自業自得だなと私が思ってしまうくらい、かなりいい加減な対応をされたのも事実です。下にその流れを書いておきます。

■地域密着タイプのエディオンの悲しい対応

==

食器洗い乾燥機が壊れました。

新しい物を購入する気満々で、どこか良い電気屋さんを探しています。

その時、知り合いから“勤め先の付き合いがあるから、普通よりも安くなるよ?”と地元のエディオンさんを紹介されます。

こちらの予算を伝えました。16万円と、普通に“それなりの商品”が買える予算です(重要)。

「安くて良いものを探しておきますね!」とエディオンの店員さん。そして――放置されること半年以上。

何の連絡もなく、こちらから電話を入れても「すみません、探しています」という返事ばかり。

知り合いの顔を立てて待つものの……ある日、お知らせDMが届きました。

「エディオン○○店は営業を終了いたしますので、今後□□店がお客様の担当になります♪」

==

ええ、はい、その日のうちにお断りの電話を入れさせて頂きました。

まぁ、その後に新しいご縁があって大型店タイプのエディオンとお付き合いをすることになったのですが――鹿児島ベスト電器時代に比べると、エディオンの地域密着タイプのお店は、接客に不安が残るという印象を持つことになってしまいました。

エディオン

■地域密着タイプのエディオンに下見に行ってみた

ちなみに、今回の記事を書くにあたって、地域密着タイプの店舗に下見に行ってみました。

吉野中央店なのですが、普通に良質な接客をしてくれましたので、ちょっとだけ印象が改善されたのは正直な話です。

鹿児島ベスト電器時代から残っている地域密着タイプのエディオンさん、価格だけじゃなくて丁寧な接客にも気を付けて、これからも頑張って下さい!!

鹿児島ベスト電器がエディオンに変わったけれど、値引きはどんな感じ?

チラシ

鹿児島ベスト電器で値引きしてもらった時の記憶と、エディオンに変わってから値引きしてもらった時の様子を元に、今回は「電気屋さんで値引きしてもらうコツ」について記事を書いていきたいと思います。

 

■ノートパソコンを購入したときのこと

まずは鹿児島ベスト電器時代なのですが、2010年頃にノートパソコンを7万円前後で購入しました。

当時の私は、今ほど神経が図太く無かったですし「広告の品では値引きしてもらうのは難しい」と勝手に思い込んでいましたので、3000円程値引きしてもらえたことをとても喜んでいました。

そして、2016年になってエディオンで妹のノートパソコンを買った時なのですが――思いっきり、それはもう思いっきり値引きしてもらいました。

3000円?

まさか。もっともっと値引きをしてもらえましたよ?(鹿児島ベスト電器時代の私は、かなり世間知らずの甘ちゃんだったようです)

 

■数千円~数万円値引きしてもらうコツとは?

でも大前提として、電気屋さんでそれなりの金額(5万円以上)の商品を買う時に、値引きしてもらうコツを知っていますか?

一番シンプルで基本になっているのは“相見積もり”を取ることです。

鹿児島の大手の電気屋さんにはエディオンだけでなく、ヤマダ電機、ケーズデンキなどがあります。相見積もりを取るだけで、品物や商品価格にもよりますが数千円~数万円値引きしてくれることが多いです。

 

チラシ

 

なお、発表直後の新製品よりも型落ち商品、新品未開封よりも展示品や最後の1品の方が値引きしてくれます。

私の妹のパソコンを買った時の例ですが……Windows10がリリースされましたよね? 2016年の7月までは、Windows8.1搭載のパソコンを購入して自分でアップグレードできたので、Windows8.1搭載の展示品のパソコンはかなり安く購入できました。

あとは店員さんも人間です。高圧的に値切りをお願いするのではなく、笑顔で話をするだけで、ちょこっとおまけをしてくれる気がします。

その他には、“ついで買い”も効果的です。パソコンを買うなら外付けHDも一緒に買うとか、エアコンを買うならサーキュレーターも買うとか、欲しい物が有ったら一緒に購入すると追加値引きやおまけをしてくれることが多いようです。

 

■家電量販店で値引き交渉するポイントは?

こうして記事にするために考えてみると、鹿児島ベスト電器時代もエディオンに変わってからも、値引きしてもらうポイントは同じだなと思いました。

・2人以上で買いに行く
・相見積もりを取る
・笑顔で話をする
・端数切り捨てをお願いする
・それなりの金額の商品を購入する
・欲しい物が有ったら一緒に購入する

etc……。

値引きをお願いする時には、ちょこっと頭のすみに入れておいてもらえると、お得になるかもしれません。

 

■まとめ~値引き交渉は楽しい範囲でやろう!

最後にまとめです。あまりしつこく食い下がっても、限度というものがあります。その場の空気と店員さんの顔色を見ながら、楽しく値引き交渉をしてみて下さい。

エディオンでエアコンを今年の夏に2台買った体験記~値引きは強気にいきましょう♪

エアコン

2016年8月に、エディオンでエアコンを2台買いました。

それまで我が家で使っていたエアコンは、15年くらい前に鹿児島ベスト電器で買った「お財布と環境に優しくない長寿エアコン」だったのですが……ある日の朝、急に電源が入らなくなってしまったのです。

まぁ、電化製品はいつか壊れるもの。しかし「タイミングが悪い」とは、こういう時のことを言うのだとひしひしと感じました。1週間後がお盆で、親戚が家に集まる予定が入っていたのです。

夏場の鹿児島でエアコン無しでは、あまりにも過酷な状況になるのが予測されます。事実、今年の夏は、室内の最高気温が35度近くなる日もありました。

■エアコン、どこで買おう?

 

エアコン

 

そういうことで、急いで電気屋さん巡りを計画します。巡るのはエディオン、ヤマダ電機、ケーズデンキの3店舗。

目標は木造16畳用のエアコンと8畳用のエアコンを2つ合わせて25万円以内(工事費込み)に収めること。

下準備として、折り込みチラシで価格を比較します。

広告の品で一番安かったのはヤマダ電機。エディオンは2番目です。でも、小さく“価格はご相談ください”と書いてあります。これはもう、頑張って値引き交渉するしか無いでしょう。

 

■ヤマダ電機、ケーズデンキ、エディオンの見積もりは?

一番安いヤマダ電機で「本体価格、工事費、消費税、エアコン処分料すべて込みで31万円」という簡単な見積もりを出してもらい、そこから値引きしてもらって27万3000円。

即決ならもう少し下げてくれる感じでしたが、ちょっと予算を超えてしまいます。

次にケーズデンキで「本体価格、工事費、消費税、エアコン処分料すべて込みで31万5000円」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって25万円。

ケーズデンキの売り場担当者の方は、こっちの予算に合わせてくれました。

また来ますね、と言ってから最後にエディオンで「本体価格、工事費、消費税、エアコン処分料すべて込みで31万円」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって25万円。

さぁ、ここから本当の意味での値引き交渉開始です。

値引きのコツは別に書いている記事を参照してもらえると嬉しいのですが、結果としては「エアコン2台+サーキュレーター1台(5000円相当)で24万6000円」に負けてくれました。

 

■エアコンの購入は余裕を持って検討を!

――ですが、最後に1つ大きな問題が。

他のお店でも同じことを言われていたので、一応、覚悟をしていたのですが……悲しいことにエアコンの取り付けが購入日の10日後以降になるということ。

当然、親戚が集まるお盆には到底間に合いません。追加料金を払っても、エアコン取り付け工事を早めることは難しいとのことでした。

こんな感じで、「エアコンの購入は余裕を持って検討しないといけない」という事実を、親戚と一緒に身をもって体験することになりました。

でも、大幅値引きとおまけは美味しかったのも事実です。

エアコンの購入を検討する時には、ぜひエディオンのエアコンコーナーも覗いてみて下さい。ここだけの話、きっとお安くなりますよ?

エディオンで食器洗い乾燥機を買った体験記~広告の品よりも少し上のグレードを!

食器洗い機

エディオンで食器洗い乾燥機を今年の8月に買いました。

この食器洗い乾燥機は、鹿児島ベスト電器で15年くらい前に買ってずっと愛用していた古いもので、2015年の秋頃に壊れてしまいました。

壊れてしばらくは「仕方ないな~」という感じで手洗いをしていたのですが、夏のボーナス商戦で安くなっていたこともあり、食器洗い乾燥機を買い替えることにしました。(食器洗い乾燥機を地元のエディオンに注文していたけれど、注文したお店が潰れしまって、話が流れたという裏話に興味がある方は“接客の記事”をご参照下さい)

ちなみに、高額の電化製品を買う時には(私だけかもしれませんが……)値引きしてもらうのが基本です。

 

■各店の食器洗い乾燥機を比較!

 

食器洗い機

 

いつも通り、巡るのはエディオン、ヤマダ電機、ケーズデンキの3店舗。

目標はビルトインタイプの食器洗い乾燥機を16万円以内(工事費込み)に収めること。

最初にするのは、折り込みチラシで値段の比較です。

広告の品で一番安かったのは、なんとエディオン。

標準工事費込みで税込み7万8000円なので、値切らなくても十二分に予算内に収まりそうです。

しかも、小さく“価格はご相談ください”と書いてありました。

でも1番安いからすぐに行くというのはお勧めできません。値引きをお願いするなら、ターゲットの所は最後に持ってくるのが基本です。

 

■ケーズデンキ、ヤマダ電機、エディオンを巡り……

そんなわけで、最初にやって来たのは2番目に広告チラシの値段が安かったケーズデンキ。

とりあえず店員さんに説明を受けながら広告の品を見てみたのですが、ちょっと機能に不満が残りましたので、もう少し上のグレードのモノを選びます。

当初の予算16万円になるように考えながら、「本体価格(14万円)、工事費(2万円~)、消費税、古い食器洗い乾燥機の処分料すべて込みで17万6000円~」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって16万円。

あれ? まだ予算は言っていないのですが、こちらの価格設定を知っているような雰囲気です。

次にヤマダ電機で「本体価格、工事費、消費税、古い食器洗い乾燥機の処分料すべて込みで17万7000円」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって16万6000円。

即決ならもう少し下げられるとのことでしたが、とりあえず保留です。

笑顔でまた来ますねと言ってから、最後にエディオンで広告の品を見ます。

やっぱりグレードを上げたいなと感じたので「本体価格、工事費、消費税、古い食器洗い乾燥機の処分料すべて込みで17万5000円」という簡単な仮見積もりをしてもらい、そこから他の店を引き合いに出して15万9500円。

ケーズデンキやヤマダ電機よりも勉強しますということで、他よりも500円値引きしてもらえました。

店員さんも結構無理をしてくれている感じでしたし、あまり引き下がってもお互いに気持ち良くないので、この価格で交渉終了。工事の前にキッチンの下見に来てもらう約束をして、家に帰りました。

 

■思いがけず、さらに値引きが!?

その後、「現場で一度開封しただけの商品(現場でサイズが合わなかったから使わなかった商品)なのですが……そちらで良ければ1万円引きいたしますが、どうでしょうか?」と声をかけてもらい、最終的には14万9500円で食器洗い乾燥機を購入することができました。

私の場合、運が良かったというのも有りますが――食器洗い乾燥機の購入を検討する時には、ぜひエディオンのキッチンリフォームコーナーも覗いて、見積もりを取ってみて下さい。

値引きしてもらえる可能性が高いですよ?