エディオンで食器洗い乾燥機を買った体験記~広告の品よりも少し上のグレードを!

食器洗い機

エディオンで食器洗い乾燥機を今年の8月に買いました。

この食器洗い乾燥機は、鹿児島ベスト電器で15年くらい前に買ってずっと愛用していた古いもので、2015年の秋頃に壊れてしまいました。

壊れてしばらくは「仕方ないな~」という感じで手洗いをしていたのですが、夏のボーナス商戦で安くなっていたこともあり、食器洗い乾燥機を買い替えることにしました。(食器洗い乾燥機を地元のエディオンに注文していたけれど、注文したお店が潰れしまって、話が流れたという裏話に興味がある方は“接客の記事”をご参照下さい)

ちなみに、高額の電化製品を買う時には(私だけかもしれませんが……)値引きしてもらうのが基本です。

 

■各店の食器洗い乾燥機を比較!

 

食器洗い機

 

いつも通り、巡るのはエディオン、ヤマダ電機、ケーズデンキの3店舗。

目標はビルトインタイプの食器洗い乾燥機を16万円以内(工事費込み)に収めること。

最初にするのは、折り込みチラシで値段の比較です。

広告の品で一番安かったのは、なんとエディオン。

標準工事費込みで税込み7万8000円なので、値切らなくても十二分に予算内に収まりそうです。

しかも、小さく“価格はご相談ください”と書いてありました。

でも1番安いからすぐに行くというのはお勧めできません。値引きをお願いするなら、ターゲットの所は最後に持ってくるのが基本です。

 

■ケーズデンキ、ヤマダ電機、エディオンを巡り……

そんなわけで、最初にやって来たのは2番目に広告チラシの値段が安かったケーズデンキ。

とりあえず店員さんに説明を受けながら広告の品を見てみたのですが、ちょっと機能に不満が残りましたので、もう少し上のグレードのモノを選びます。

当初の予算16万円になるように考えながら、「本体価格(14万円)、工事費(2万円~)、消費税、古い食器洗い乾燥機の処分料すべて込みで17万6000円~」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって16万円。

あれ? まだ予算は言っていないのですが、こちらの価格設定を知っているような雰囲気です。

次にヤマダ電機で「本体価格、工事費、消費税、古い食器洗い乾燥機の処分料すべて込みで17万7000円」という簡単な見積もりをしてもらい、そこから値引きしてもらって16万6000円。

即決ならもう少し下げられるとのことでしたが、とりあえず保留です。

笑顔でまた来ますねと言ってから、最後にエディオンで広告の品を見ます。

やっぱりグレードを上げたいなと感じたので「本体価格、工事費、消費税、古い食器洗い乾燥機の処分料すべて込みで17万5000円」という簡単な仮見積もりをしてもらい、そこから他の店を引き合いに出して15万9500円。

ケーズデンキやヤマダ電機よりも勉強しますということで、他よりも500円値引きしてもらえました。

店員さんも結構無理をしてくれている感じでしたし、あまり引き下がってもお互いに気持ち良くないので、この価格で交渉終了。工事の前にキッチンの下見に来てもらう約束をして、家に帰りました。

 

■思いがけず、さらに値引きが!?

その後、「現場で一度開封しただけの商品(現場でサイズが合わなかったから使わなかった商品)なのですが……そちらで良ければ1万円引きいたしますが、どうでしょうか?」と声をかけてもらい、最終的には14万9500円で食器洗い乾燥機を購入することができました。

私の場合、運が良かったというのも有りますが――食器洗い乾燥機の購入を検討する時には、ぜひエディオンのキッチンリフォームコーナーも覗いて、見積もりを取ってみて下さい。

値引きしてもらえる可能性が高いですよ?